categories

archives

[PR]

TOEIC本番、かなり緊張した様子

ようやく念願かなって、プチーがTOEICを
受験しました。

念願がかなって、という表現もばかばかしいのですが
なかなか一歩を踏み出せずにいたので
やっと受けられた、という心境です♪

子供のクセにわざわざTOEICなんて受けるのも
と思っていましたが、他にもお子さんがいらっしゃいました。

大人と子供は同室で、30代後半から50代くらいの
男性に混じって、ちらほら子供たち、という状況でした。


今回は日本人対象の特設会場(準会場?)で
受験しました。その方が多少運営がまともかも、と
期待してのことです。


日本人向け準会場であれば、何か変更があった場合は
事前に連絡をもらえそうです。

エアコンの音が大きすぎてリスニングが聞こえにくいなんて時も
ある程度は対処してくれそうです。

ぶつぶつ独り言を言いながら受験する人がいたら
注意くらいしてくれそうです。

椅子の具合がおかしいだの、寒すぎるだの、まめに文句を
言っては静寂を乱す人も少なそうです。


とにかく、運営側の管理体制が少しでもマシで
受験者側もおとなしく受験しトラブルが少ないことを祈り
日本人向け準会場で受験させました。

この決断、正解でした♪

受験会場に遅れてくる人もいないし
(運営側が15分も遅刻。受験者一同待たされた☆)
身分証明書を忘れたのに「受けさせろ」とごねる人もいないし
ほぼ時間通りに始まり、ほぼ時間通りに終了しました♪


プチーはとにかくやたらと気が散るほうですので
できるかぎり集中して受けさせるには
何事もなく淡々と進む受験会場でなくては
いけません。


実際、プチーは

「隣のおじさんは、筆記の時、長文から解いてた」
だの
「中学生くらいの女の子が一番早く終わってた」
だの
「一人、メモを取ってる人がいた。
 書いちゃだめなの、知らなかったのかな」

などなど周りの様子をやたらと観察し、しかも覚えていて
サリーに報告してくれました。

かなり気が散っちゃったようです。
初めてだから、仕方が無いか!
(もう6年生だから、仕方ないってこともないんだけれど)



プチーにはTOEIC受験本番の前に、二度
過去問題を解かせてありました。

二度とも時間内に解き終わり
二度とも終わった後の決め台詞は

「簡単だった♪」(にんまり)

でした。

二度解いた結果、予想得点は、偶然二度とも825点。

お〜、いい感じだね〜、と二人で調子に乗って
迎えた本番。


余裕で迎えたはずが、プチー、意外にも
テストが始まる前に、緊張しすぎてお腹が痛く
なっちゃったそうな。

テスト中もどうも落ち着けなかったようで
本番を終えた後の第一声は

「疲れた〜。だめだった〜。」

でした☆


昔は本番の方が強かったのに
最近は本番に弱くなっちゃったのかしら。

色々わかってくる年頃ですから
変に自分にプレッシャーをかけてしまったのかも
しれません。

結果がいつわかるのかも知らないのですが
自宅へ郵送されてくる予定です。





にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック