categories

archives

[PR]

帰国子女枠受験はやっぱりずるい(結論編)

日本に引っ越し(帰国)します。

2014年4月から日本で日本の学校に通うプチー。
受験や編入学手続きなど、ほぼ無事終えました。

帰国子女枠受験でした。

テストもらくらく、面接もらくらく、正直なところ
らくらく続きで、合格通知が届いてもお祝いすらしていません。

家族も親戚も友達も誰も何の心配もしていなくて
真面目に「おめでとう」と言ってやったのは
多分サリー一人だと思います。

英検1級だもん、当然落ちっこないでしょう、と
誰にも気にかけてもらえず、実際本当に落ちませんでした。

あっけなかった〜。

今までのどんな試験よりあっけない合格でした。


インターだもん、英語はできて当たり前。
英語が出来るんだもん、帰国子女枠受験は合格して当たり前。

プチーも、緊張しているのは試験受験前の5分ほどだけでした。

終わった後はお決まりの
「いけたと思う♪」の頼もしいセリフ。



先日、編入予定の学校のオリエンテーションがあったので
一体どんな人たちが合格しているのか、と
サリーとプチーで色々周りの人に探りをいれてみました♪

そして数少ないデータを寄せ集め、ある結論に達しました。

やっぱり帰国子女枠は、お得です。
ずるい、と言ってしまってもいいかも、と個人的には思います。
そう思っている人は他にもいました。「お得だよね」と
にんまりしているのはサリーだけではありませんでした。

一般で入るのが少々難しい学校ですが
帰国子女枠なら、ほぼ誰でも入れます。


もっとも、日本語だと口数が減るくらい英語が勝る子や
立ち居振る舞いがどう見ても日本人じゃない子もいました。
何人もいました。

外国滞在期間も、7年や8年、或いは10年以上、と
みなさん長期でした。



海外滞在時、日本語や日本の教育を気にもかけず
英語環境にどっぷり浸かりきるのが本当にベストか
わかりません。

うちは少なくともそんな風には考えてきませんでした。

でも、では逆に「日本語や日本の教育を大切にしたいから」
と、外国に住みながらも頑なに日本風な生活を貫くのが
本当に一番いいのか、これに関しては明らかに「何かが違う」と
思います。

一番大切なのはバランスなんだと思います。








プチーは英語が出来ます。
俗に言うペラペラです。

母サリーと共に意気揚々と、英検1級を手土産に日本に一時帰国し
父親の実家に滞在しながら、入試や手続きなどを
済ませていた時のこと。

[グローバル]なんていうものとは無縁の父方祖父母に
「これからは頑張って日本語の方やってもらわんと。
英語なんて今どき誰でもできるんやから。」
と手厳しい意見を頂戴しました。

欠けてる部分を今から頑張って埋めていくんだから
学校だけでなく、家庭での学習にも力を入れないと、と指摘され
プチーは(一般的に)そんな風に見られる可能性も十分ある
ということを思い知らされました。

明らかな欠陥品扱いに、最初は本当に戸惑いました。
プチーの目の前で言うのですから、プチーに申し訳ない気持ちも
ありました。

しかももうすぐ高校生にもなるのに、家でサリーがまだ
手取り足とりプチーの面倒を見てやる必要があるほど
プチーの[日本人力]が低いと思われていたとは
驚きました。

もっとも[欠けている部分]と言うのが具体的に
何を指すのかはよくわかりませんでした。
突っ込んで聞くことはしませんでした。

毎月日本人向け塾で模試を受けていることも
平均点よりはいつもいい点をとることは
伝えてありました。だからきっと、学力だけではなく
それを含めた[素養]のような部分を指摘されていたのかも
しれません。

プチーそのものの[日本人力]が
欠けているということなんだと思います。


情けなかった・・・。

でもこれが現実だと気が付きました。

英語が少々できたって、目の色も髪の色も、ましてや
人種も国籍も何も変わりっこない。プチーはこてこて関西人。
アメリカ人にはなりません。
これは自覚していたつもりでした。

でも「この程度のやつは、いくらでもいる」と言われ
内心正直なところ、気を悪くしました。

でも世間一般から見たら
耳に穴あけちゃった、外国かぶれした
日本語や日本文化そっちのけの危ない勘違い母娘
に見えることを改めて充分認識することができました。

浮かれている場合じゃありませんでした。

帰国子女だから英語はできて当たり前。
どれだけ日本人らしさ、日本語、日本的感覚をきちんと
保持しているかそこがポイントとなることを
思い知らされました。


これからは日本人力。
こっちも充分意識しなくっちゃ♪







にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


2014年、このブログはサリーの意見なんて書かずに
事実を伝える英語情報ブログにするぞ、と決意したはず。
でもそうすると、書くこと全然ありませんでした・・・・・。
毎月一つずつ何か書いていこう、と思っていたら
2月分はいきなりただの日記になってしまった。
 

コメント
はじめまして、MORIKANAです。MORIKANA的には帰国子女がずるいなんて思うことはないし、帰国子女がずるいなんて周りから言われる筋合いもないと思います。英語力があって海外経験を持っている、それだけで普通の日本人よりも優秀です。日本人力、よく言われるけど具体的にはわかりません。自己主張をしない、自分に自信がない、周りばかりを気にする、それが日本人力なら、グローバルスタンダードには合わないのではと思ったりするんです。帰国子女は自信家、自意識過剰、傲慢高飛車で攻撃的とかレッテルを貼られるけれど、それってグローバルでは普通なのに。日本は不思議な国です。
  • MORIKANA香菜子
  • 2017/04/04 9:00 AM
MORIKANA香菜子さん、はじめまして♪

帰国子女自体はずるくはありませんが
帰国子女枠受検は少なくともプチーの学校では
「おいしいよね」という話になります。

といっても、帰国子女枠合格者たちが言うだけで
一般枠の人に直接そう言われたことはありません。


優秀かどうかはともかく、色々な子がいます。
攻撃的な子もいるけど、のんびりした子もいます。
どこからの帰国かにもよるかもしれません。


そもそもプチーの父方祖父母は
自己主張もするし、どちらかというとまわりを
もう少し気にして欲しい、くらいの人たちで
外国人にも日本語でがんがん話しかけちゃうような
そういうタイプです。

彼らの言うところの日本人らしさなんかも
一体なんなのかよくわかりませんね!
  • MORIKANA香菜子さんへ
  • 2017/04/12 1:02 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック