categories

archives

[PR]

表彰や競争の必要性(高校生)

プチーの学校には勉強が好きな子が大勢います。
授業の話をいきいきと語る子が多いのです。
男子も女子もです。

ただ、元々は勉強が好きだったけど、うまく
結果を出せずに荒れる子もいます。

クラスは、主要教科全てレベル別だし
(と言っても2クラスだけ)
年度末には表彰もあります。

表彰の基準数値は2クラス同じで、表彰式も合同なので
下のクラスにいながら表彰されない場合は
居心地がさらに悪くなります。
(上クラスの4も、下クラスの4も同じ4)

もっとも、実際表彰されるのは
上のクラスの子が多いのも皮肉です。



年度末に表彰があったので、クラスメイトの成績具合が
ばれちゃいました。表彰式では驚いたり納得したり。


賞には三段階あり、それぞれ一人ずつとは限りません。

表彰されればその人が大体何番手かがわかります。
表彰されなければ、その他大勢に含まれるので
その他大勢の中のどのあたりかは全然わかりません。


昨年度末、いつも堂々としていて発言の多いSちゃんが
表彰を逃し、その他大勢となりました。

そして彼女、一時、相当荒れました。

思えば高校に上がる時、彼女はレベル別のクラス編成で
シビアにはじかれました。そして今回表彰にもはずれました。

一時とてもストレスを感じた様子で
発言にとげがありました。毒を撒き散らす彼女は
授業中の態度も悪くなっていきました。

気の毒だと思う反面、正直なところ少々
クラスへの影響が心配にもなりました。


表彰の時、プチーも狙っていたランクの賞を逃しました。
「次はもうひとつ上をもらう!」と
とても怒っていたけど、張り切っていました。

だからその時は、表彰っていいなぁ、と
学校に感謝しました。

ところがこうやって荒れる子がいると
途端にプチーもイライラしてきます。

表彰を逃したSちゃんの投げやりな態度は
クラスの雰囲気をぐんと悪くします。



いろいろあってこその高校生活、と思って
Sちゃんのイライラ話をただを聞き流していましたが
表彰から3か月。

やっとSちゃん、吹っ切れました。
よかった!

そして前より、いい感じだそうです。


やっぱり、いろいろあってこそなんだなぁ。
高校生だもん☆

トラブルは、避けちゃいけない。
無難にくぐり抜けていては、先々ろくなことに
ならない。

なんだかそうつくづく、思ったのでした。

回避することも大切なんだけど
体験し、対処し、切り抜け方を学ぶことも
とても大切。


担任の先生がめちゃくちゃいい先生なので
全てをお任せできる信頼感もあります。

彼は、子供たちを伸ばし、暖かく見守る反面
快適すぎない環境を整えたい、と私に話を
してくれたことがあります。

まさにそのようになっていると思います。

先生とクラスのみんなに感謝。
すばらしい仲間です♪







 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村  

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック