categories

archives

[PR]

IELTSを受けてきました

プチーのIELTSが無事終了しました。

他の試験との違いなどだけ

簡単にまとめておこうと思います。

 

 

朝は7時前に張り切って出かけて行きましたが

TOEFLとは違い「早く行っても退屈なだけだった…」と

いうことです。

 

試験は一斉に始まるし、席も決まっているので

早く行くメリットはありません☆

(でも道に迷ったら嫌なので念のため早めに出しました)

 

そして、リスニングでまさかの不具合。

こんなのは英検、TOEIC、TOEFL含めて初めてですが

止まっちゃった問題からまた聞き直しだったそうです。

 

リーディングでは、試験監督者の男性が急に

「あと40分!」と、とても大きい声でアナウンスなさるらしく

これにも相当びっくりした、ということでした♪

(アナウンスは英語です)

 

ライティングでは、用紙が足りなければ

手を上げて申告することで、もう一枚もらえるそうです。

ついつい書きすぎてしまう人(←プチー)も

これなら安心です。

 

試験中使用できる筆記用具は鉛筆のみなので

たくさん書く人は鉛筆もたくさん持って行った方がいいです。

シャーペン禁止です。(ロケットペンシルとかも不可)

 

TOEFLは中国人受験者が圧倒的に多かったようですが

IELTSはフィリピン人、韓国人、インド人に加え

ヨーロッパ人(どこの人かはよくわからない)など

色々な人がいたそうです。

 

また、試験中は荷物を別室に預けることになっていたので

盗難を恐れてパソコンを持って行きませんでしたが

(一応貴重品かな、と思いました)

持って行ってもよかったそうです。

 

筆記試験終了後スピーキング試験まで

長い人なら5時間くらいの待ち時間があるので

暇つぶしが必要です。プチーは結局本を持って行きましたが

パソコンの方が楽しく過ごせたと思います。

 

スピーキングはアメリカ人の先生と一対一で

行われたそうです。友達はイギリス人の先生だったらしく

アジア系の先生も見かけたということですが、どちらにしろ

外国人の先生とおこなうようです。

 

スピーキングの流れは一応教えておいたのですが

(1.自己紹介、2.スピーチ、3.ディスカッション)

全然思っていたのと違う流れだったそうです。

 

しかもお題が

「なぜ人は結婚式にお金を使うのか」とか

「幸せな結婚とは何か」とか

とっても大人っぽい質問だったそうで

一瞬焦った、と言っていました。

 

今まで英検の面接では、大人系お題に当たったことは

一度もありませんでした。学生だからと思って

避けてくれてるのかしら、とか勝手に想像していましたが

ただの偶然だったのかもしれません☆

 

 

 

とりあえず無事終了して、よかった♪

結果は8月半ばに出るそうです。(はやいです!)

 

(IELTS試験の概要についてはまた改めて

ブログかホームページにまとめるつもりにしています)

 

 

 

  にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック