categories

archives

[PR]

体験談はやっぱり参考になる!

現在、プチーが久々にまた「合否のあること」に

挑戦中です。サリーも、ちょっとでも役に立ちたくて

ネットでそれについての体験談を読み漁っています。

 

サリーはプチーの初動が遅かったように感じていますが

ネットに公開されている体験談を読むと

準備期間は、人によって本当にさまざまだとわかります。

 

最初に提出する作文については

「自分は時間なかったんで、二日で書きました」

なんていう人もいれば

「三カ月かけました。しっかり丁寧に取り組みましょう」

という人もいます。

 

面接もあるのですが、それについても

「とても緊張したけど貴重な体験だった」

と振り返る人もいれば

「頭空っぽなおじさんにイチイチ説明するのがダルかった」

という人もいました。

 

同じことに関する体験談とは思えないほど

バラバラで統一感のない数々の感想を読み

「人によって全然違うんだなぁ」と

あらためて感じています。

 

 

体験談はとてもシンプルなものから

連載モノまであります。それぞれの性格が出ていて

これまた、おもしろいのです。

 

「こんなことやって、意味あるんでしょうか」

という暗いトーンのものもあれば

「おかげで、自分を振り返ることができました」

という感謝トーンのものもあります。

 

合否が判明した後の感想もいろいろ。

「こういうのは多分落とされると思います」

という事柄について、別の人が

「私はこんなでしたが、合格しました」

と述べていたりもします。

 

「圧迫面接だった」

という人もいたり

「圧迫面接は基本的にないそうです」

という人もいます。

 

みなさん、いろいろな体験を自由に書き綴っているため

うまく共通点がみつからないくらいです☆

 

それをいちいち読みながら

「ふ〜ん」とか「ほんま、それな〜」とか思いながら

ほとんど時間をつぶしているとしか思えないような

日々を数日過ごしたのちに、今思うこと。

 

それは、「やっぱり体験談っておもしろい」

ということです。

 

それぞれが、自分のことや自分の友人数名の

データだけをもとに、好き勝手分析して

書いているブログ記事の数々。

 

とにかくデータが少ないので

傾向などを総合的に分析できる人など

そもそも、いないのです。

 

それでもそれぞれが、自分の経験をもとに

あれこれ書いてくれています。

 

 

サリーはキーワードで検索して

新たに見つけたものをとにかく片っ端から

読んでいくだけです。データは

自分の中に、少しずつ蓄積されていきます。

 

そして総合的に「これいいな」と思う何かを

自分なりに見つけることができれば

それでOK。

 

どんなにひとりよがりで偏っていても

どんなにしょぼくれていてインパクトが無くても

こういう体験記は、誰かしらの、何らかの

役に立つんじゃないかなぁ、と

あらためて感じています。

 

そしてしみじみ、プチーの体験を

ぼちぼち&ダラダラ、公開しつづけて

結局よかったなぁ、なんて思ったのでした。

 

 

 

 

 

 

  にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック