categories

archives

[PR]

英検1級合格しました(母サリーの話)

サリーも、英検1級二次面接に合格できました♪

 

親子そろって1級ホルダーになりましたが

英語力の違いはもちろん、歴然としています。

 

一番上の級はそれ以上の実力を測れないせいもあり

ギリギリ合格も含めて、合格した人は全員

「1級のひと」になりますが、実際の英語力は

恐ろしく違います。

 

最近英語に触れる機会が全くないプチーですが

それでも、サリーよりは格段上のレベルを

キープしています。

 

サリーの英語力はここを頂点に一気に下降する予定です。

受かってよかった!

 

 

 

久々の英検二次面接会場なので、2019年度の様子を

記録しておこうと思います。

 

まず、面接のための待合室には。保護者が入室可能でした。

(プチーの時は会場によりました)

 

「保護者の方は退室願います」というアナウンスの後

10分ほどで、受験者の面接会場への案内が始まりました。

 

ちなみに、英検二次面接の受験は、先着順です。

早く行ったら、早く受けられます。

 

総合的な待ち時間はそう変わらないかもしれませんが

早く行くと、親子そろって1時間ほど受付前や待合室で待ち

その後の2,30分は子ども一人で過ごし、その後面接です。

 

一方、遅く行くと、保護者の退室後に子どもは一人で

待合室で待つことになります。一人で1時間ほど待った後に

面接です。

 

一人で待っても、親子で待っても、それほど

変わらないとは思います。

 

ただ、サリーは一度、二次面接会場の待合室に

一緒に入ることを予期せず止められたとき

(階段ものぼらせてもらえなかった気がする)

焦ってプチーを送り出したため

「しまった!水筒持たせてやるの忘れた!」

みたいなことがあったように記憶しています。

 

基本的に幼稚園の頃から自分の荷物を全て

自分で持たせるようにはしていましたが

「トイレ行くなら持っておいてあげよう」

というようなタイミングもあります。

 

そしてそのままサリーが持ったまま

プチーに返し忘れる、ということを英検会場に限らず

何度もしたことがあります。

 

そういう場合、多少後悔します☆

 

そのため、親子で長く一緒に過ごした後に

落ち着いて送り出したいなら、受付時間の

1時間くらい前に行った方がいいと思います。

(地域により相当差がありそうなので、時間は目安です)

 

 

 

さて、今回の英検二次面接の対策についてですが

もちろん、プチーに面接官役をしてもらって

練習しました。

 

プチーはスピーチのあとの質疑応答についても

張り切って突っ込んでくれていました。

 

素直なよい子だったら、ここまで突っ込めなかったと

思います☆

 

なにせ日頃から「だって」とか「いや、でも」が多いので

十分に重箱の隅をつついてもらうことができました。

 

面接本番では、練習の時にプチーにダメ出しされ

「こっちの方が説得力がある」と教えてもらった

アイデアを、使わせてもらいました。

 

練習時にプチーに無難に流されていたら

本番言うことがなくて、相当焦ったと思います。

 

プチー!ありがとう!

 

 

  にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

 


コメント
お久しぶりです、サリーさん1級合格おめでとうございます!

過去記事も読ませていただきましたが、現在小3のう〜にゃが5歳位の時には、二次試験で付き添いをさらてもらえず、階段の下で待たされました。今は付き添いが全国統一で認められてるなんて、いい時代になったな〜と思います。

それにしてもサリーさんの文才…相変わらず素晴らしいです(^^♪
『サリーの英語力はここを頂点に一気に下降する予定です。』で一旦噴き出して、『素直なよい子だったら、ここまで突っ込めなかったと思います☆』でとどめを刺されました(笑)
いえいえ、そんなことないですよ、プチーちゃんはとても素敵な女性に育っています(#^^#)
  • う〜にゃママ
  • 2019/09/25 5:24 PM
とんでもなく遅くなってしまってすみません!

わざわざコメントをくださってありがとうございます。
 
意地で1級取りました。反動で今は全く勉強していません♪
いまやもう英語はぱっぱらぱーに忘れてしまいました。
自分の予言が当たり、うれしいやら情けないやらです。

プチーは「素敵な女性」というより「たくましい女」に
なりつつあるみたいな気がします☆
  • う〜にゃママさんへ
  • 2019/11/22 11:18 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック